プラスチック製品も曲げ溶接切削成形など
あらゆる加工ができることをご存知でしょうか。
既存のパイプや板を使用し、安価な木型や塩ビ型
などを用いることで、高価な成型金型によるコストを
抑えることが可能です。
弊社では、21,000種類もの製品に対応し、開発段階
から試作品の原案にもご協力させていただきます。
協和化工では、お客様のご期待に沿えるよう
邁進しております。

加熱技術

プラスチックは熱を加えることでやわらかくなりますが、ここにも技術が隠れています。

プラスチック素材も生まれたときの形状に戻ろうとする残留応力を持っています。
加工した製品はこの残留応力によって、扁平、ひずみ、変形が時間経過とともに発生します。
加工にはこの戻ろうとする力を打ち消す技術が必要です。

(例) パイプの一部を切断すると切断幅より狭まってしまいます。(左図)
狭まったため、切断したものを切断した箇所にはめてみたところ、ずれが発生します。(左アップ図)
この切断したパイプに「アニール加工」を行うことで、切断部分の狭まる力を抑え
一定幅に保つことができます。(右図)
右アップ図をみると、切断したものと切断した箇所にずれが無いことが分かります。


△TOPへ

板加工 : 板を変形させることができます

板加工 加熱することで板を変形させることができます。

型による成形のほか、折り曲げたり、パイプ形状も作ることができ、変化自在の加工が可能です。

スリーブ加工・しぼり加工 : パイプの口径を変化させることができます

しぼり加工/スリーブ加工 パイプの口径を大きくしたり、小さくしたり、市販のサイズに無い口径に変化させることができます。

△TOPへ

ボス加工 : パイプに分岐部をつくることができます

ボス加工 パイプの中間に分岐部を作ることができます。
一体成形により、パイプ本来の性能や外観を損なわない加工です。

曲げ加工 : パイプを曲げることができます

曲げ加工 パイプを加熱して曲げた時に発生する扁平を抑制するために、内側に砂・ゴム・エアー等を入れて曲げることができます。

△TOPへ

ブロー加工 : パイプを膨らませることができます

ブロー加工 材料を溶かして膨らませるダイレクトブローとプリフォームを膨らませるペット成形などなど、一般的に膨らませる加工方法は多量のロットに適したつくり方です。
わが社では、市販のパイプを膨らませることで小ロットに適応した加工ができます。

接合加工 : 板やパイプを溶接や接着することができます 

接合加工 金属と同じようにプラスチックも溶接することができます。また、プラスチック素材の特性に合った接着加工ができます。
これらの接合加工により、市販素材や市販成形品をはじめ、上記の加工品を接合することでいろいろな組み合わせが可能です。

△TOPへ

FRP加工 : FRP(Fiber Reinforced Plastics)加工ができます

FRP加工FRP補強 ガラス繊維を樹脂で固め、強度が高く、軽い素材(強化プラスチック)で形状を作ることができます。また、FRPで補強することもできます。

切削加工 : 旋盤・フライス・マシニングでの機械加工ができます

切削加工 他の変形する加工や付加する加工にくわえ、除去する切削加工を施すことで、バリエーションはさらに増えます。

△TOPへ

加工ネットワーク


弊社にも不得意な加工はあります。
しかし、多種多様なお客様のご要望にお答えするために、創業50年の歴史の中で、多種方面の製造会社との協力体制を持っております。まずはご相談ください。
また、加工工程ごとに複数の製造会社と開発を進めようとお考えのお客様、弊社の加工ネットワークを是非ご検討ください。



その他の販売品

市販品の販売を行っております。また、ご要望に応じたサイズに切断することもできます。

プラスチック素材(パイプ・)の販売
プラスチック継手・部品(市販の規格品)の販売


技術紹介

プラスチック加工全般
協和化工株式会社

〒593-8315
大阪府堺市西区菱木1丁2348-1
TEL:072-274-2181
FAX:072-274-2188
E-Mail:info@kyouwa-kk.co.jp


△TOPへ

Copyright(C)2010 協和化工株式会社 All Right Reserved.